パーキンス1800kW振動試験の説明

エンジン:パーキンス4016TWG

オルタネーター:Leroy Somer

プライムパワー:1800KW

周波数:50Hz

回転速度:1500rpm

エンジン冷却方法:水冷

1.主要な構造

従来の弾性接続プレートは、エンジンとオルタネーターを接続します。エンジンは4つの支点と8つのゴム製ショックアブソーバーで固定されています。そしてオルタネーターは4つの支点と4つのゴム製ショックアブソーバーで固定されています。

しかし、今日、電力が1000KWを超える通常の発電機セットは、この種の設置方法を採用していません。これらのエンジンとオルタネーターのほとんどはハードリンクで固定されており、ショックアブソーバーは発電機ベースの下に取り付けられています。

2.振動試験プロセス:

エンジンが始動する前に、1元のコインを発電機ベースに直立させます。そして、直接視覚的な判断を下します。

3.テスト結果:

定格速度に達するまでエンジンを始動し、プロセス全体を通してコインの変位状態を観察して記録します。

その結果、発電機ベースのスタンド1元コインに変位や跳ね返りは発生しません。

 

今回は、1000KW以上の発電機のエンジンとオルタネーターの固定設備としてショックアブソーバーを使用することになりました。CAD応力拡大係数、衝撃吸収、その他のデータ分析を組み合わせて設計および製造された高出力発電機ベースの安定性は、テストを通じて証明されています。この設計は、振動の問題をうまく解決します。これにより、オーバーヘッドおよび高層の設置が可能になるか、設置コストが削減されると同時に、発電機の取り付けベース(コンクリートなど)の要件が軽減されます。その上、振動の減少は発電機の耐久性を高めます。ハイパワー発電機のこのような驚くべき効果は、国内外でまれです。

 


投稿時間:2020年11月25日